2017年06月23日

ぶらっとカブ号で奥武蔵GLから名栗へ

ぶらっとカブ号の電装系の不具合をテスター片手に奮闘し
やっと灯火類がOKになりました。

そこで梅雨の晴れ間の本日、奥武蔵グリーンラインから名栗方面に
ぶらっとしてきました。

IMG_1383.JPG


武蔵横手駅から五条の滝を脇目に少し荒れ気味の林道を登り、
一気に刈場坂峠に到着。
長袖シャツを着ているのに、お山では少し肌寒いくらいでした。

IMG_1384.JPG

久しぶりの定峰峠近郊のダート林道、ここも空気が澄んだ時期には
雄大な眺望が楽しめるのですが、この時期ではいたしかたありません。

IMG_1387.JPG

IMG_1389.JPG

IMG_1390.JPG

定峰峠から横瀬町にお山を降りていく途中で、
今回は団体さんに遭遇しました。

299号線出て、一路正丸峠へ向かっていきます。

IMG_1393.JPG

IMG_1392.JPG

奥名栗の隠れた名所。(笑)
登りつめた緑の広場で小休憩。

IMG_1398.JPG

IMG_1395.JPG

IMG_1401.JPG

山伏峠を越えいつも脇を通過する名栗川に架かる橋で停車。
この橋は埼玉県指定有形文化財だったのですね〜!
大正13年に造られ、当時の姿をとどめた鉄筋コンクリートの
アーチ橋で県内最古だそうです。

ぶらっとカブ号でテケテケ走っているといつもは気が付かなかった
事が発見できるのですね〜。

一日お山をぶらっとした結果、もう少し手直しが必要ですが、
なかなか良い相棒になりそうです。


posted by バブ at 20:21| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | トレッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

ぶらっとカブ号 弄り



IMG_1378.JPG


先日のお山で試走の結果、色々問題点があるため少々手を加えてみました。
まずは前後サスが硬すぎるため、調整しました。
フロントサスはCD90ですが、年式によりオイル量が違っています。
正規のオイル量が不明ですが、多すぎと判断し少し減らしてみました。

IMG_1380.JPG

Rサスは現行のクロスカブですが、新品のため硬すぎる印象。
そこでTLのへたったサスに変更。
良い感じになりました。
フロントフェンダーをCD系の鉄板フェンダーからオフ車の
プラフェンダーに変更。

IMG_1381.JPG

クロスカブのシートは厚みがあるため、短足の私には両足つま先
立ちでやっと地面に届く高さです。(泣)
そこで私のお尻になじんでいるエイプのシートを加工して取り付け
ました。 少しお尻を引けばシートをニーグリップできるように
なりいい感じです。
そしてハンドルを変更してUPハンドルの楽ちんポジションに!
他にも電装系やサイドスタンドの延長加工などを考えています。
パワフィルのためノーマルのカブから比べれば少々吸気音が
騒がしいですが、元気に加速していきます。


IMG_1379.JPG

定番のアイリスオーヤマのBOXを取り付けて、これにカセットコンロを
積んでお山でバーベキューをしようかと(笑)

しかしエンジンを慣らし運転中のため最高速度50qと制限しています。
ぶらカブに跨ってのんびりと流していくと、見慣れた景色がまた違った
趣を感じることができますね〜。


posted by バブ at 18:02| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | カブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月13日

梅雨の晴れ間にぶらっと秩父方面へ

11日の日曜日の天気予報が良い方向に変わり、
それではと、セロー君に跨りいつものとうさんと秩父に向かいました。

1.JPG 

2.JPG

299号線を快調に進み、まずは芝桜で有名な羊山公園に。
この時期は芝桜も終わり、落ち着いて埼玉の名峰、
武甲山の勇姿を拝むことができます。

3.JPG

そして1年半ぶりの御岳山林道入口に!

4.JPG

このワイルドな切り通しの手前に作業道ができて
いました。この辺りは林業が盛んなようで、林道管理
もまめに行なわれているようです。

5.JPG

御岳山トンネルを抜けその先で!


目の前を横切った黒い塊が!


https://youtu.be/y6AG-dDDJUA


それはニホンカモシカ君。
左手の崖下から林道を横切り右側の山肌の急斜面をヒルクライム(笑)
そして足を止め興味深げにじーっとこちらを観察していました。

今回も手振れが酷くゴメンナサイ。


6.JPG  

7.JPG

イケメン?のカモシカ君の勇姿!

8.JPG

荒川の向こう側に武甲山、奥武蔵野の山並みが
雄大です。
林道を通過して県道に出て、そして三峰神社を
横目に

9.JPG

全線舗装ながら眺望がすばらしい林道大血川線の
入口に到達。

10.JPG  

11.JPG  

12.JPG


ワイディングロードをヒラヒラと流して三峰トンネルに、
そしてその先は視界の開けた爽やかな山岳ロード。
癒されますね〜。


13.JPG  

14.JPG

途中の支線林道にアタックを仕掛けるとうさん。
ガレと倒木、藪で敗退しました。(笑)

時刻は昼時、秩父線の三峰口駅にSLパレオエクスプレスが
到着している頃と思い、寄り道をしてみると

15.JPG

いました、綺麗に化粧されたC58363号機。

16.JPG 

17.JPG

秩父の奥座敷の終着駅、三峰口駅舎 
駅前の街並みがローカル色満載でいいですね〜。
駅中の蕎麦屋さんで昼食をとりましたが、ウーン。

18.JPG  

19.JPG  

秩父を後にして正丸峠を目指し、訪れたのが
林道西名栗線の起点。
木製のガードレールが良いですね。

20.JPG

午後には雲が増えて、青空も見えなくなってきましたが
それでもこの解放感は格別です。


とうさん、お疲れ様でした。
ツーリングの仕上げのアイスはいつもながら格別ですよね(笑)
帰路に少し雨に降られたものの全行程250qを無事に
帰還できました。

またご一緒しましょう。

posted by バブ at 09:10| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | セロー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

宮ケ瀬湖周辺をぶらっと


先日、とうさんが探索された宮ケ瀬湖周辺の林道を案内して
いただけるということで平日の5日に行ってきました。

IMG_1270.JPG

晴天のもと中津川に沿った土手の道を気持ちよく走っていくと。

IMG_1274.JPG

IMG_1276.JPG

馬坂(うまさか)の道標がある薄暗い山道に到着しました。
その脇に大正8年3月と刻まれた馬頭観世音の石碑。

IMG_1277.JPG

IMG_1279.JPG

実に歴史を感じさせる古道が続いています。
途中で振り返って古道を見下ろすと、このつづら折れの
細道を以前は軽トラが通行していたそうですが、ホント。

IMG_1280.JPG

IMG_1281.JPG

荒れたつづら折れの道を何度が折り返して行くと
やがて道がゆるやかになり。そして打越峠に到着しました。

短いながらも古道の趣が見られ印象深い峠道でした。

その後とうさんのご案内で

IMG_1284.JPG

IMG_1291.JPG

やなみ峠、へいしの坂などをめぐってきました。

IMG_1292.JPG

中津川の河原に広がる水田。
とうさん曰く秋には辺り一面が黄金色に染まるそうです。
そして河原へ

IMG_1295.JPG

IMG_1296.JPG

清流ではアユ釣り師が立ちこんで竿を出し、頭上にはトンビが
飛び交い、川岸ではピンクの花が咲き誇っていました。
癒されますね〜。

ふたたびお山を登っていくと、

IMG_1300.JPG

IMG_1304.JPG

視界が開けはるか都心のビル群や視界がよければスカイツリー
も望めそうな絶景ポイントに到達しました。
その先の林道も視界が開けたポイントで絶景が楽しめました。

IMG_1307.JPG

そして前回のリベンジを果たしにお山を下り、宮ケ瀬湖の休憩所で
山ラーを楽しみました。

とうさん、今日は素敵な場所をご案内いただきありがとうございました。
もう間もなく梅雨入りになりそうですが、また梅雨の晴れ間にご一緒
しましょう。

posted by バブ at 20:51| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | XL125S | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぶらカブ号お山で試走

3日の土曜日にぶらカブ号を連れ出しお山で試走をしてきました。

IMG_1261.JPG

IMG_1260.JPG

NK峠の広場にてぶらカブ号の凛々しいお姿(笑)

IMG_1262.JPG

IMG_1264.JPG

IMG_1265.JPG

エアーパンパンのブロックタイヤががっちりと地面を
とらえてくれます。(笑)

ガレ場は流石に地上高が低いため無理はできませんが、
トコトコと走る分には問題はありません。
ハイカーやチャリの方にすれ違っても愛らしい?カブ
だと冷たい視線を浴びることもないようです。

次にお山をおりて河原探索に向かいました。

IMG_1268.JPG

IMG_1267.JPG

入間川に架かる八高線のガーター橋を下から見上げると
なかなかの迫力です。

ぶらカブ号はオフ車のような過激なことはできませんが
トコトコと山川を探索するには最適な相棒になりそうです。

まだ小さなトラブルはあるものの、なかなか頼もしいぶらカブ号でした。


posted by バブ at 19:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする