2018年09月24日

群馬、長野のお山へ日帰り420qロングツーリング

23日、3連休の中日に下道で軽井沢、嬬恋、高嶺高原、佐久市を通過して
20q程の東山林道を楽しんできました。

渋滞を避けるため早めの5時に出発、川越の先のコンビニにTL23号でいつもの
とうさんが現れました。これから渋滞の高速を避け下道を進んで行きます。

IMG_2878.JPG


ひたすら下道を走り続けて、たどり着いたのは二度上峠。
北軽井沢を見下ろし正面には雄大な浅間山が。
のはずでしたが残念ながら雲に覆われていました。
この峠はその昔、私がラリー競技中ランサーであわや谷底への怖い思いをした
ダートルートでした。
もちろん今ではすっかり舗装され、ヒラヒラワイディングが楽しめる爽やかルートです。

IMG_2889.JPG

北軽井沢の渋滞を抜け、少し迷いながらもやっと嬬恋パノラマライン南ルートに到着。


IMG_2886.JPG


IMG_2884.JPG


嬬恋のキャベツ畑越に広がる毛無峠、万座山。山肌が見えているのは白根山。
実に雄大なパノラマが開けます。
振り返れば浅間山なのですが、残念ながら雲に覆われたままでした。

IMG_2895.JPG


IMG_2896.JPG

フラットダートの村道鳥居峠車坂線を登って行くと白樺林が爽やかに
迎えてくれました。

IMG_2903.JPG

登りつめたところが高峰高原、雲に覆われていますが、雄大な八ヶ岳方面が望めます。

IMG_2904.JPG

そこから湯の丸高峰林道へ。
湯の丸高原、地蔵峠から小諸方面にお山を下って行き、国道18号線沿いで昼食を取り
一息つくことに。

これから小諸市から佐久市へ向かいます。

IMG_2908.JPG


途中の254号線のコスモス街道でパチリ。

IMG_2911.JPG

とうさんもしゃがみ込んで愛機をパチリ。

そして本日のロングツーリングの仕上げに東山林道に進行して行きます。

IMG_2914.JPG

正安寺の脇を通過、墓地を右手に見ながら進行して行くと。
尾根道フラット林道が楽しめます。

支線も多く時間があれば探索してみたいところです。


IMG_2917.JPG

途中で山側の支線を覗いてみると、恐らく支線林道?なのですが
ガレガレの沢のような状態。
四駆のタイヤ痕が続いていましたが、我々はあえなく撤収しました。(笑)

IMG_2918.JPG


県道93号線に到着して終了です。
20q弱のロングダートが何の制限もなく楽しめる貴重な林道でした。

日が傾き時刻は17時近く、ここから自宅まで160q程。
高速は渋滞しているため同じくひたすら下道で帰路につくことにしました。


とうさんお疲れ様でした。

走行距離420q 自宅を5時出発、帰宅が21時半。
イヤー流石に疲れましたね〜。
お尻痛もマックス。

しばらくは静養することにしましょう。




posted by バブ at 17:26| 東京 ☀| Comment(4) | トレッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月16日

CBX君で秋の気配を探しに

イーハトーブ君にタンク・シートを譲ってしまったCBX君。
結局元のタンク・シートに戻しキャブ他をメンテしました。

そして秋の気配を探しに荒川周辺をぶらっと散歩しに。

世間は3連休とあって主要道は渋滞気味です。
裏道を使って渋滞を避けながらたどり着いたのが
荒川の秋ヶ瀬堰。

IMG_2873.JPG

IMG_2867.JPG


彼岸花が咲き始めていますね〜。

IMG_2870.JPG

びん沼川ではコスモスもちらほら咲き始めて秋の気配です。

ノーマル10リットルタンクがやけにデカく感じますが頼もしく。
シートはフカフカでお尻に優しいバイクで最高です。

posted by バブ at 15:21| 東京 ☁| Comment(7) | トレッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月10日

TL125イーハトーブ君 カスタム怪?

先日CBX君で富士山の山麓をぐるっと400qのツーリングに行った時の
旧レブルの鞍型シートの楽ちんさに感動してしまいました。
しかし舗装林道から枝分かれするダート林道にはやはりCBX君では踏み入れ
難く残念な思いをしていました。

そこでイーハトーブ君にオイタをして快適ロングツーリング仕様
にカスタムしてみました。(笑)

IMG_2852.JPG


IMG_2849.JPG


シートとタンクをCBX君から移植してなんだかわけ分からんバイクに変身。(汗)
Rスプロケを58Tから52Tに変更した結果、普通に1st発進バイクに変身。

IMG_2842.JPG

なかなか決まらないキャブセッティングを弄った結果。
プラグ焼け具合が?
ご近所を走った結果はまずまずなのですが、はたしてお山では如何に。

再度秋の富士山山麓ツーリングに行けるかな?
posted by バブ at 14:52| 東京 ☀| Comment(6) | トレッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月27日

涼を求めてぶらっと富士山麓へ

日曜日26日の天気予報によりますと、都内当地でも8月も終わりだというのに
最高予想気温が37度とか。(爆汗)

それではと涼を求めて久しぶりのCBX君を引っ張り出して早朝5時に出発し
富士山麓に向かいました。


IMG_2734.JPG

国道246号線を御殿場に西進して夏の富士山が正面にそびえ立つ東富士演習場脇
を通過していくと、今日は陸上自衛隊富士総合火力演習の日でした。
見学できるのは事前応募当選者だけと知ってはいましたが、係員に当選はがきを
忘れたと言って侵入しようと思ったのですが(笑)

IMG_2736.JPG


高度を上げて行くとCBX君は駄々をこねはじめ、エンジンが吹きあがらず
ヨタヨタと登って行きます。
しかし外気温は快適な26度! ガンバレCBX君

IMG_2738.JPG

IMG_2741.JPG


御殿場口登山道新五合目に到着。標高約1450ⅿ
迫力ある赤茶けた山肌。左手のお山が双子山だそうです。
そして振り返れば

IMG_2743.JPG


見事な雲海がひろがりその先に頭を出しているのがたぶん愛鷹山でしょう。

この登山口から双子山を周回するコースがお勧めらしいです。
さあー皆さん、たまにはバイクを降りて5時間程のハイキングをしてみませんか。
私は・・・・・・・

遠慮しておきますが。(笑)


IMG_2750.JPG

富士山南山麓の林が涼しい!チョット見ずらいですが24度ですって。

IMG_2751.JPG


富士山麓をぐるりと回って西側へ。
ここは田貫湖。多くの釣り人やキャンパーが夏を満喫しているようです。

そこからお山に入り湿原を抜けていくと


IMG_2754.JPG

水量も豊富な洗い越しが行くてを阻んでいます。
清流で顔を洗いいざ進まん!
バシャーン。

思ったより水深があり足がビショビショになってしまいました。(笑)

IMG_2770.JPG


林道湯之奥猪之頭線。山梨県の下部温泉と静岡県の朝霧高原を抜ける
林道で、山梨TL軍団の番ちゃんがよくブログにUPしているところです。
今日はさぞかし絶景が楽しめると思いきや。
雲に覆われ頭だけが望めました。
トンネル内がとても涼しく何度も往復して富士山の視界が晴れるのをまった
のですがね〜。残念。

下ってランチにありつくためイーハトーブの森の手前にある「えいちのむら
ファーマーズキッチン」に向かいました。

IMG_2777.JPG


IMG_2774.JPG


自家製野菜が自慢のカレーを屋外テラスでまったりと。
地元のオヤジさんとバイク談義を楽しみ一息いれました。
さーてこれから鳴沢、軽水、富士林道群をめざして行きます。

IMG_2787.JPG

鳴沢林道起点から軽水林道をつなぎ標高を上げていくと

IMG_2788.JPG

ほぼ正対象の山麓が望める富士山が見え隠れしてきました。

IMG_2798.JPG

左手下から上がって来た軽水線はこの地点で富士林道と接続。
そして右手に上がって行く道筋が富士林道になります。
この地点の標高が1780mほどで爽やか〜〜です。
尚、ここまでの間いくつもの支線林道がありますが、ほとんどが
ゲートでクローズされています。 
が、ほとんどがということは・・・(笑)


IMG_2804.JPG

そして爽やか富士林道を登って行き、道が下りに差し掛かる地点で
計測した高度が


IMG_2806.JPG


1877ⅿに達しました。
道端にバイクを止め地面に座り小休憩。横になるとお昼寝しそうに。


IMG_2814.JPG


IMG_2815.JPG

横になりながら愛機をパシャリ。
125ccにしてはボリュームのあるエンジンがイカスでしょ!
Rタイヤは新調してオンもオフもOKなTRAIL-WINNER!
うーん、頼もしい(笑)

本当に寝てしまいそうなので、下っていくとそこには絶景が!

IMG_2816.JPG


IMG_2817.JPG


IMG_2818.JPG


IMG_2824.JPG


IMG_2819.JPG


雲海越しに南アルプスの山並みがパノラマ展望!
振り返れば赤富士!
爽やかな風が吹き抜け最高のロケーションです。


そして夕刻迫る時間ですが最後の仕上げに林道滝沢線

IMG_2834.JPG


IMG_2836.JPG


IMG_2835.JPG


通行止め地点での標高が1830m
この時間になると少し肌寒いくらいです。

IMG_2837.JPG

途中で山中湖を見下ろし

IMG_2841.JPG


夕日で逆光のシルエット富士を背中越しに見ながら道志みちを東進。
日中はほとんど暑さ知らずのツーリングで快適。
帰路の街中は流石気温はまだ30度近くでしたが日が落ちてナイトラン
なのでそれほど苦にならずに帰宅できました。

全行程400q強 燃費31〜34q/L 
イヤー良く走りましたが、お尻は無問題でした。
さすが鞍型シート。これなら

https://youtu.be/F606UGG3uEQ

念願の北海道まで行けちゃうかーーーーっ(笑)


posted by バブ at 14:28| 東京 ☀| Comment(12) | トレッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月21日

バイクの日に爽やかツーリング

世間では8月19日はバイクの日ということなのでそれではと
私もイーハ君を引っ張り出してお山へぶらっとしてきました。

秋のような爽やかな気候の中、向かうは奥武蔵GL。
その途中で所沢ひまわり畑の看板に誘われちょっと寄り道

IMG_2714.JPG

IMG_2716.JPG

秋空?を背景にちょっと小振りなひまわりが綺麗に咲き誇って
いました。

つぎにさいたまの日高市にある白銀平に。


IMG_2723.JPG

IMG_2718.JPG


展望台より埼玉都心部から巾着田方面を望み。
ちょっと細道を下っていくと

IMG_2726.JPG

IMG_2724.JPG


小さな滝沢の滝で手を清め。小休憩。
奥武蔵GLをヒラヒラと気持ちよく流して。


IMG_2728.JPG


IMG_2729.JPG

ちょっと気になった新しい小道を下って行くとガレ急坂に。
慎重に下って途中の広場でコンビニおむすびをパクつきお昼に。

299号線に下りて旧正丸峠を越えて気になる名栗の林道を探索しに
向かいました。

IMG_2730.JPG

林道起点より数百メートル入って行くと立ち入り禁止の立て看板。
その先は路肩がごっそり5ⅿほど崩壊して道が消え失せていました。

先客のXLパリダカのオーナー、Iさんといろいろと話をしていると
ランモモさんとお知り合いとか。
30年間乗り続けているパリダカをじっくりと拝見させていただき
四方山話で盛り上がり次回はご一緒しましょうと連絡先を交わして
お別れしました。

イーハ君のキャブセッティングは平地では概ね良好なのですが、
長い登坂でエンジン回転がついてこなくスピードが上がりません。

秋空の下、爽やかツーリングでしたのにヤレヤレ。
まだまだお悩み中でした。(笑)





posted by バブ at 15:29| 東京 ☀| Comment(4) | トレッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月11日

目の保養に名栗ツインミーティングにお邪魔しに

11日の今日は午後から野暮用があるため、午前中だけイーハ君とぶらっとしてきました。


IMG_2689.JPG


IMG_2690.JPG


久しぶりに七国へ登ってみると、広場に柵がめぐらされ少し狭くなったイメージ
でしょうか。
森へ通じる小道からチャリ軍団がこの蒸し暑い中漕ぎ上がってきました。
挨拶を交わしてすこしだけ森の中を遊んできました。

次に以前、道志方面のツーリングにご一緒しました伊勢原CBさんが主催する
ツインミーティングが名栗湖で開催されるためちょっとお邪魔することに。

IMG_2709.JPG

IMG_2710.JPG

雨が降り始めたにもかかわらずいつもの名栗湖畔に多くのツインエンジン車が
集まっていました。

さっそく伊勢原CBさんにご挨拶をした後、若いときに憧れたバイク達を
見学させてもらいました。


IMG_2692.JPG

1968年に発売のドリームCB450K1。2代目のモデルチェンジ車です。
初代がクジラタンクと呼ばれたK0モデルです。
しかしクジラタンクは大っ嫌いです。
何故って私が16歳の時、環状7号線でヤマハFS1(原付50t)に跨り
50q+α程で走っていたときに白いクジラタンクのCB450に追いかけられ
た思い出があるからです(笑)

IMG_2693.JPG

IMG_2695.JPG

1970年発売のCL450
爽やかなライトブルーのタンクが綺麗です。
錆もなく綺麗に手入れされたこのスクランブルマフラー。
当時は憧れのスタイルでした。

IMG_2696.JPG

1974年発売のCB500T
私はほとんど記憶にない車種ですが、渋く落ち着いたデザインで
街中でほとんど見かけないバイクです。


IMG_2697.JPG

IMG_2698.JPG


1973年発売のカワサキ W3 650RS
オレンジとブラウンのツートンの色使いが好きです。
クランクケースの造形がセクシー!

IMG_2700.JPG


1970年、ヤマハの初の4サイクルバイクXS−1
やや色が褪せているもののやはりこのキャンディーグリーンが当時
実にオシャレでした。

IMG_2701.JPG

1966年発売 カワサキ 650W1
いまでも憧れるバイク。
軽くアクセルを開け走り去るときのあの排気音がいまでもしびれます。
アップマフラーのW2TTが欲っすーい。


IMG_2703.JPG

IMG_2706.JPG


1968年発売 伊勢原CBさんのドリームCL350K2
いわゆるバットマンカラーデザインが素敵です。
こちらもスクランブルマフラーが錆もなく光り輝いています。

IMG_2704.JPG


これもレアな1970年発売のSL175
この下から立ち上がるコブラマフラーにも憧れていました。

IMG_2705.JPG

1972年発売 ドリームCB250エクスポート
上下ツートンに塗り分けたタンクデザインが当時は個性を発揮していましたっけ。

その後ろには青のカワサキ W3 650RS(後期型?)
いい音していました。

IMG_2711.JPG

外車は縁遠くてよくわかりませんが、多分このシート形状から
すると1960年から発売のBMW R69Sでしょうか?
スゴ過ぎてよくわかりません。

伊勢原CBさん、ありがとうござました。
イヤー実にいいものを見させてもらいました。
バイクもビンテージもの、そのオーナーもほとんどご同輩のビンテージ
もの。皆さん実にいい顔をされていました。
羨ましい限りで、私もと思うのですがね。 

W2TTがホッスーイ。然しかなわぬ夢ですね〜。
ン、そういえば、エストレヤなら・・・・・・。

なお、バイクの説明は私が簡単にネットで調べたもので間違いなど
あると思います。
あくまでもノークレーム、ノーリターンでお読みくださいませ(笑)

IMG_2713.JPG

そして帰路の途中で見つけた素敵な木造の建物。
なにかの作業所?らしいのですが看板もなく人も見当たりません。??

帰宅後ネットで検索すると民間の穀物商の本社らしいのですが、詳しいこと
はわかりませんでした。








posted by バブ at 17:38| 東京 ☀| Comment(10) | トレッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月07日

灼熱地獄の中セローカフェミーティングに参加してきました。


この日曜日にとうさんからのお誘いでセローカフェミーティングに参加してきました。
集合地のいこいの村あしがらに昼頃までに集合なので、その前にとうさんの
案内で寄(やどりぎ)から尺里峠(ひさりとうげ)に寄道することに。
しかしこの辺の地名は???ですね〜。


IMG_2664.JPG


246号線から県道710号線を寄方面に登って行く途中でとうさんが
突然路肩にイーハトーブ君を停車。するとRタイヤがパンクしていました。

手際よくとうさんがパンク修理を始めてと言いたかったのですが、カチコチの
タイヤが手強くなかなかビードが落ちてくれません。
二人がかりでタイヤのビート部に90kgプラス60kgの計150kgが乗り
何度かジャンプして、やっと落ちました。フーッ。

とうさん曰く「やはり○○とタイヤは新しいのに限る」と。
大汗を掻きながら叫んでいました!(笑)
できたらバイクもね!と私も呟いていました。

IMG_2666.JPG

IMG_2668.JPG

迷路のような山道を迷いながらやがて尺里峠に到着。
道しるべをみると「第六天からの富士山」との案内板、しかしその下には
山ビル注意の案内も。
残念ながら晴れていますが、湿度が高く霞がかかりまったく眺望が望めず。

IMG_2670.JPG


山北町の山間のさらに奥地にある旧高松分校。
2010年まで使われていた分校の校舎だそうです。
いまにもオルガンの音が聞こえてくるような…。

時間もそろそろお昼時になってきましたので、集合地のいこいの村に
向かう事にしました。
ところが・・・・・。


IMG_2672.JPG

いこいの村まであと数キロというところで、またしてもとうさんが路肩に
イーハトーブ君を停めてしまいました。
するとまたもやRタイヤのエアーが!
木陰にバイクを移動して、とうさん泣きじゃくりながらまたもやパンク修理。
そして集合地のいこいの村へ

IMG_2673.JPG

セローがメインですが、レーサーからCRFやらDRやら沢山のオフ車が
集合していました。
私の前のセロー。国防色(ふるっ)の自衛隊車両のようで素敵です。

初参加の私は恥ずかしくて皆さんとあまりお話ができませんでしたが
共にお昼を頂き、会談しながら一休みしました。

IMG_2676.JPG

参加車両25台が足柄山に向けて灼熱地獄の中、元気に出発。


IMG_2679.JPG

IMG_2683.JPG

足柄山から下る途中の林道を行き、以前TL仲間のシベリアさんが案内してくれ
嶽之下宮の奥社へ。


IMG_2686.JPG

IMG_2685.JPG

さらに不老山方面の林道へ。
左手に上って行く支線は希望者数台が駆け上っていきました。
私はすでに暑さで体力消耗のため棄権しました。(笑)

そしてお山を下りて246号線にもどったものの、渋滞で動かず。
コンビニで水分補給をした後、一行はこれまた以前シベリアさんが紹介してくれた
遊女の滝へ向かう林道を登り、再び足柄山へ迂回。



IMG_2688.JPG

再び246号に戻り、我々は途中で皆さんとお別れをして、夕日に染まる丹沢を
眺めつつ帰路につきました。


主催者のチェローさん、またご参加の皆さん。灼熱地獄でしたが楽しいコースを
ご一緒させていただき、ありがとうございました。

またよろしくお願い致します。






posted by バブ at 00:56| 東京 ☔| Comment(8) | トレッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月24日

ビーナスライン、八ヶ岳周辺林道ツー

先日の土日に連日の酷暑から逃れるため涼を求めて信州のビーナスライン、
八ヶ岳周辺林道ツーリングに行ってきました。

今回はとうさんのトランポに愛機を積み込み、「道の駅信州蔦木宿」で車中泊
の2日間ツーリングです。

IMG_2583.JPG

土曜日の昼前に「道の駅蔦木宿」に到着。
しかしながらこの辺りも気温が高く、汗をかきながらバイクを降ろして準備完了。

IMG_2584.JPG  

IMG_2585.JPG

さっそく諏訪湖の南側、守屋山周辺の林道に向かいます。
背後の八ヶ岳を眺めながら最初の林道を迷いながら進行していくと。

標高1221m 南峠に到着。
この峠道は旧県道424号諏訪蓑輪線ですが今では立派な林道田無川線です。(嬉)

その先を行くとやがてT字路に突当り、左手が目的の守屋山方面となるのですが、
残念ながら頑強なゲート封鎖になっていました。
どうやらこの近辺は茸の産地のお山らしくて厳重に管理されているようです。

IMG_2590.JPG

長閑な里山と夏雲が少年時代の記憶とどこかで結びつくようです。
もみじ湖から数本の林道を走り抜け途中のお山でオイタしながら諏訪湖方面に
再び戻っていきます。

そして国土地理院の地図では破線表示、ネットの情報では通行不可能と記された
中峠後山線に向かいます。

IMG_2603.JPG

伐採工事現場の脇をぬけて辿り着いたのは標高1262m 本峠(北峠)。
そしてその先が

IMG_2604.JPG

IMG_2605.JPG

IMG_2606.JPG

荒れた道筋に倒木、落石、そして藪藪の急坂、九十九折れの道?を大汗を
掻きながらなんとか下っていきました。


IMG_2609.JPG

お山を下りて行く途中の眺望。
諏訪市街から正面はおそらく霧ヶ峰方面でしょう。
諏訪湖を左に周回して途中に目星をつけていた林道を目指します。
しかし結局は侵入不可のため素直にビーナスラインを目指して行きます。

IMG_2611.JPG


三峰大展望台より霧ヶ峰方面を望んで。
1764mの標高でここまで登ってきて涼を感じることができました。

IMG_2614.JPG

IMG_2615.JPG

美ヶ原高原から上田市、長野市方面の眺望。
あの山並みの向こうは日本海になります。
標高2000m級の地点ですが、思ったほどには涼しく無かったです。

当初はビーナスラインサンセットクルージングとしゃれ込むつもりでしたが、
まだ日が高いため白樺湖まで気持ちよく流していくことに。
しかしガソリン残量が危なげになってきたため霧ヶ峰スキー場から灼熱の下界に
降りることにしました。

そして拠点の蔦木宿にもどり夕食と温泉で疲れを癒しトランポで寝息を
たてました。zzzzzzz。




翌日は夜明けとともに起床し、そそくさとバイクを積み込みトランポ移動の準備。
「道の駅南きよさと」に向かいます。

そして目指すは八ヶ岳山麓。

IMG_2625.JPG

IMG_2626.JPG

早朝の八ヶ岳。真っ青な空と白い雲、が雄大ですね〜。

IMG_2633.JPG

IMG_2630.JPG

広大な耕地に早朝からレタスの集荷で忙しそうな生産者。


IMG_2635.JPG

そして八ヶ岳周辺林道に!
あっというまにとうさんが視界から消えていきました。


IMG_2640.JPG

整地された林道をトコトコと。
早朝の空気と緑が気持ちよくて!

IMG_2645.JPG

IMG_2647.JPG

道路の山側から湧き出た冷たい清水が綺麗な緑の苔を
育んでいます。
キラキラ光るしぶきと緑の苔が清々しくて癒されます。

IMG_2650.JPG

伐採された木が綺麗に積み重ねられた集木場で

IMG_2653.JPG

青い樹木の奥から湧き出る清水の冷たさが涼を呼びます。

雄大なビーナスラインのワイディングロードや八ヶ岳の懐で自然を
満喫し、最高の避暑ツーリングになりました。

帰路はトランポの助手席でエアコンで涼み、まったりとしながら
甲府盆地の灼熱地帯を通過し無事に帰還できました。

とうさん、お疲れ様でした。
夏はトランポ遠征が最高ですね。またよろしくおねがいいたします。

posted by バブ at 09:28| 東京 🌁| Comment(6) | トレッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月14日

イーハ君、CBX君のタイヤ交換で大汗。

暑中お見舞い申し上げます。

本日7月14日は当地杉並区ではお昼の時点で36度。
東京の熱中症指数が「危険」域に達しています。

皆さま、こんな日はバイクでお出かけは控えましょう!

そこで「タイヤが温まって作業が楽だ」と巷で言われている
らしい?ので、バイクのタイヤ交換に取り掛かりました。


IMG_2580.JPG


IMG_2581.JPG


先ずはイーハトーブ君のRタイヤ。
タイヤ山はまだ多少は残っているものの、多分当時物のタイヤでしょう。
カッチカチのヒビヒビです。

この30年物の熟成されたタイヤをリムから外すのに大汗です。
よっぽどディスクグラインダーで切り刻んでしまおうかと思ったのですが
騒音が近所迷惑になるため、なんとか力技で外しました。
入れ替えるのは中古品ながらまだ柔軟性のあるTR-011。
ビードストッパーが2個ついていて面倒でしたがなんとか交換完了しました。


IMG_2579.JPG



IMG_2578.JPG



次にCBX125カスタム君のRタイヤ。
こちらは意外とあっさりリムからタイヤを外すことができました。
そして今回奢ったタイヤが新品のIRC GP210 というタイヤです。
120/90-16インチのタイヤでオフ車に標準装着?されているタイヤ
らしいです。
オンが主体ながらオフも行けちゃう素敵なタイヤはまさにCBX君に
ピッタリです。(笑)

新品タイヤなので楽にはめ込み完了。
これであのお山やこのお山のダート路をぶらっとできることでしょう。(爆)

ふーっ、いくら暑い方がタイヤ交換は楽だというものの、今日はペットボトル
ごと凍らしたウーロン茶を脇に作業をしたのですが、あっという間にカラに
なりました。
 
さあ、皆さん暑い日はお出かけは控えて、さくっとタイヤ交換をしましょう!


posted by バブ at 16:02| 東京 ☀| Comment(6) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月04日

早出早帰で奥多摩林道へぶらっと

連日の猛暑ですっかり出不精になってしまったこの頃です。
天気予報を見て今日の4日は一日曇り、最高気温も30度に達しない予想でした。

真夏の炎天下では老体には酷ですが、曇りの30度未満ならと前日に急遽決定。
そして早出早帰のぶらっとツーリングに出かけました。
朝5:30自宅を出発、いつものとうさんと青梅市の7-11に7時に待ち合わせでしたが、
私の勘違いで? とうさん、ゴメンナサイ。

目指すは3年前に訪れた真名井林道の先、大丹波線林道の終点まで。
曇り空で少し小雨がぱらつくなか、涼し気に進行していきました。


IMG_2557.JPG


フラットでよく整備されたダート路面を気持ちよく登って行くと。


IMG_2559.JPG


少し雨が強くなったので、しばしこの切通しで小休憩。

IMG_2562.JPG

そして大丹波線林道の始点に到着。
良好な路面を爽やかに登って行くと。

IMG_2566.JPG


IMG_2564.JPG

見事に崩壊して完全に道が流されていました。
その先をのぞくと白いガードレールがひしゃげてその先に続いていました。
この崩壊した山側の斜面の先はすぐに尾根にでるようで、そこから数百メートルで
あの埼玉の林道大名栗線にたどり着ける位置にいます。誰かみちを開拓して!

残念ながらここで退却です。


IMG_2569.JPG

戻って再び真名井林道に侵入していきます。

IMG_2571.JPG

草が生い茂っているものの路面はしっかりとしています。
ところどころ舗装がされていますがなかなか楽しめます。

IMG_2572.JPG

奥多摩の林道は視界の良い場所が少ないのですが、途中の眺望地点で。
やがて最終地点に到着。この林道は片道7qほどですが、奥多摩の
林道ではお勧めです。

IMG_2574.JPG


奥多摩駅のコンビニでお昼を調達し次に向かったのが林道不老線。
ここも数年ぶりでしたが、変わらずに短いながらも楽しめる林道
です。
途中5・6頭のシカに遭遇しましたが、アッとゆうまに山林に逃げ込ん
でしまい撮影できませんでした。残念

IMG_2577.JPG


終点でコンビニ飯をほおばりながら小休憩。
標高が700ⅿほどでしょうか。涼し気な
木陰でノンビリ、まったりと癒されてきました。

本日の走行距離180q 燃費31q/L
自宅発5:30 自宅着15:00 早出早帰のツーリングでした。

イーハトーブのキャブセッティグがいまひとつながら燃費は
だいぶ改善されたようです。(まだ不満ですが)
アクセル中開度でもたつき感があるためpJの番手を少しさげて
みようかと思いながら帰路につきました。


posted by バブ at 20:59| 東京 ☔| Comment(2) | トレッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする