2017年12月10日

XL君でぶらっとトトロの森へ

今年は先月末から早くも朝晩が寒くなってきましたね〜。

このところ出番のないXL125Sを久しぶりに引っ張り出し、
今日は朝のうちにお顔を模様替えをして、トトロの森に向かいました。

IMG_2049.JPG

IMG_2048.JPG

すっかりと葉が落ちて薄暗かったトトロの森も明るい日差し
が差し込んでいます。
模様替えして仮装着した涎掛けですが、TL東北メンバーの
方の自家製で、もともとTLにあわせているため少々、小振りですね。

IMG_2051.JPG

IMG_2054.JPG

比良の丘では綺麗に晴れ渡った青空の下、暖かな日差しを
浴びてお食事中の方も!
そして晩秋の黄葉が楽しめました。

IMG_2061.JPG

クロスケの家に立ち寄ったのですが、残念ながら休館日でした。

IMG_2064.JPG

IMG_2065.JPG

再度トトロの森に侵入しトトロを探します。

IMG_2063.JPG

見つけた!久しぶりにお会いできたトトロ。
なにやら耳が作り直されていて、おしゃれになったね!(笑)

途中で気が付いたのですが、なぜかヘッドライト球とハイビーム球
がアイドリングでは点灯するも、エンジンの回転数を上げると
切れてしまいます。

この2か所は交流電源なのですがウーン。
シリコンレクチファイヤー?それとも??。
テスターを振りかざして奮闘しなければいけなくなりました。(泣)







posted by バブ at 17:31| 東京 ☀| Comment(4) | XL125S | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月30日

ぶらっと霊峰富士を目指して

先日26日の日曜日、近場?の道志渓谷沿いの林道をさらっと
楽しみましょうと、いつものとうさんとご一緒に向かうことに
なりました。
このところの冷え込みですっかり軟弱になった私の我が儘で
相模原から我がバイアルス君をとうさんのトランポに積載して
お山へ向かうことに!

ところが道の駅どうしの手前で、冠雪した霊峰富士が山並みから
望めました。こんな好天を逃してはならずと一気に山中湖まで
楽ちん移動。

IMG_2020.JPG

IMG_2018.JPG

湖畔の駐車場から見事な富士山が望めます。
いそいそとバイクを下ろして、目指すはいつもの絶景地点の大平山へ

IMG_2022.JPG

IMG_2034.JPG

山頂には数台のバイカーとハイカー達がしばし霊峰富士に見とれていました。

IMG_2024.JPG

右手には先月走り抜けた南アルプスの山並みが望めました。
次に向かうは高座山!

IMG_2036.JPG

IMG_2040.JPG

広いカヤの原から山頂を目指して

IMG_2043.JPG

しかしこの雨水溝に見事にはまり、脱出するのに大汗をかき体力消耗。

IMG_2044.JPG

今回は登頂を断念してこの地点で退散しました。(笑)

とうさん、お疲れ様でした。
好天に恵まれ、またトランポの楽ちんツーで楽しめましたね。
またご一緒しましょう。
posted by バブ at 20:22| 東京 🌁| Comment(2) | バイアルス3号機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月12日

TL125愉快な仲間たちのダべリングミーティング

今日は朝から快晴、真っ白にお化粧した富士山を眺めながら、
相模川の自然の村へ向かいました。
TL125愉快な仲間たちのダべリングミーティングを開催し、
2年ぶりの方達とよもやま話に花を咲かせてきました。

IMG_1963.JPG

この会は2006年に立ち上げだそうで今年で11年目。
集まった方達もそれなりに歴史を刻んでいるようです。

IMG_1958.JPG

よっちゃんの軽トラがやけにかっこよくて!

IMG_1960.JPG

シダックスさんのXL。本物の涎掛けがかっこよくて!

IMG_1978.JPG

昼飯は隣接している清流の里のレストランで相模川産の
うなぎ?のうな重をほおばりながらエンジンチューニングの
濃いお話に。

IMG_1980.JPG

解散後に一部の方と相模原のレトロ自販機コーナーへ向かい!

いまでは珍しいうどん、らーめん、清涼飲料の自販機が並び
多くのお客さんが詰めかけていました。

IMG_1983.JPG

その中で目に付いたのが
ロッテチウインガムの文字。当時はこれで違和感がなかった
のでしょうか?(笑)

日差しも暖かな秋のひと時を楽しんできましたとさ。


posted by バブ at 20:12| 東京 ☁| Comment(7) | バイアルス3号機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月06日

ぶらっと乾徳山、天空の池 黄葉ツーリング

ランモモさんから11/3天空の池ツーリングに誘われたものの
山梨県小淵沢の道の駅に朝8時に集合でした。

朝が早く、当日集合はつらいため、いつものとうさんのトランポに
バイク2台を積載し、前日に二人して山梨県入りすることにしました。

IMG_1832.JPG

やって来たのは道の駅「花かげの郷まきおか」
ここでお昼をすませ、バイクを降ろし乾徳山林道へ向かいました。

少し登っていくと

IMG_1833.JPG

大菩薩嶺方面が雄大に眺められる絶景地点。

IMG_1850.JPG

大平牧場ではなにやら山肌を整地中。
ウーン、徘徊してみたいですね〜!

IMG_1855.JPG

さらに標高を上げていくと、甲武信ヶ岳方面が雄大に見渡せ
ます。青空と箒雲と山並みが爽やかです。

IMG_1869.JPG 

富士山のシルエットが綺麗に浮かんでいます。

IMG_1880.JPG 

黄葉と青空

IMG_1884.JPG

とあるコーナーを抜けると仁王立ちしている大鹿と
ばったり出くわして。(驚)
残念ながら写真に収めることができ有ませんでしたが、
体色が黒く、角が1.5mもあろうかと思われる大鹿でした。

路面に目をやるとそこには無数のシカの足跡が!

IMG_1889.JPG

傾き始めた日差しの中。富士山とクマさん、違ったとうさんとのコラボシルエット(笑)

次に乾徳山を下りて国道140号線を挟んだ反対側のお山を探索


IMG_1899.JPG

IMG_1891.JPG

鈴庫山林道からの支線に侵入。
ガレ道を進行して行ったもののこの先は崩壊していて断念。

IMG_1894.JPG

途中の沢沿いの支線を登って行くと素敵なトランポがありました。
これならバイク5.6台は余裕で積載できることでしょう。(笑)
 
夕日が差し込むお山を下りてトランポへ帰還。
そして今夜のお宿の石和健康ランドへ向かいました。

IMG_1902.JPG


明けて2日目、天空の池ツアーの集合地に集まったのが計7台。
元気なオフ老−ダーの皆さんに置いていかれない様に心した自分でした。(笑)

IMG_1908.JPG

IMG_1909.JPG

入笠山へ向かう途中で、八ヶ岳をバックに記念撮影。
今日も快晴で、気持ちよく紅葉のお山が走れそうです。

IMG_1912.JPG

IMG_1913.JPG

あちらこちらを彷徨って、やがて黒河内林道へ

国道152号線へ抜けて一路天空の池へ向かいます。

IMG_1934.JPG

IMG_1930.JPG

天空の池への道が工事中のため残念ながら行けませんでした。
しかし、その登り口で雄大な展望が開けていました。
ここで草地に座り、第二の天空の池?を見下ろしながらおにぎり
を美味しく頂きました。

ランモモさんがナンパ(笑)した地元のCRF乗りのライダーさんの案内で
GSで給油。
さらにその先へ案内されたのが


IMG_1940.JPG

IMG_1937.JPG

IMG_1938.JPG

IMG_1939.JPG

IMG_1941.JPG

IMG_1945.JPG

陣馬形山展望台。

眼下に天竜川、左手奥が飯田市、正面の山が鳥帽子ヶ岳、真下が飯島町
右手に駒ヶ根市、その奥が伊那市方面になります。

いやー、実に雄大な中央アルプスの山並み。
感動ものです。

最後の仕上げは、またまた15qはある市道高嶺線。
ダート林道を堪能したオフ老−ダーの皆さんでした。

お疲れ様でした。

ランモモさん、素敵なところを案内していただき感謝です。
また宜しくお願い致します。



posted by バブ at 07:55| 東京 ☀| Comment(8) | セロー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月31日

1億分の一台 マイC50カブ改


バイク乗りの皆さまならすでにご存じだと思いますが、ホンダさんのスーパーカブが
およそ60年前に生産開始し、遂に今月に世界生産1億台を達成したそうです。

おめでとうございます。パチパチ

子供からお年寄りまで誰でも知っているスーパーカブ!
お蕎麦屋さんの御用達。日本経済高度成長期の立役者スーパーカブ!
早朝、新聞屋さんのあのパタパタのエンジン音で目覚めた昭和のスーパーカブ!
もちろん私も初めてバイクに乗ったのがスーパーカブです。

それから幾年月、しっかりと私の手元に1億台分の1台があります。

IMG_1831.JPG

型式はC50で恐らく80年代前半だと思います。
これを高齢者向けぶらっとお山仕様にして今現在・・・・。
シートが被ったままです。(笑)
釣り竿を担いで郊外にお出かけするのはもう少し先になるかな〜。

また私は知らなかったのですが、1億台達成記事に「カブ」の意味が
記載されていました。

英語で「猛獣の子供」だそうです。 えーーーっ、驚きです。
それにスーパーをつけているのですからそりゃーもう、よくわかりません(笑)

しかしホンダさんのネーミングはベンリィとかドリームとか
実に昭和チックなひびきが今ではとても愛おしいですね。

ということで我が家の偉大なスーパーカブは、現在動体保存中です。(笑)

posted by バブ at 17:35| 東京 | Comment(8) | カブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする