2017年10月09日

バイアルス君でぶらっと有馬峠へ

今日は少しばかり時間が空き天気も良さげでしたので
3か月ぶりにバイアルス君を引っ張り出してきました。

IMG_1795.JPG

向かうはいつもの有馬峠。
里山をトコトコしていく途中でコスモスとバイア君の秋満載ショット。

IMG_1797.JPG

旧吹上トンネルに寄り道して。
一段と廃墟感が増したようです。

有馬湖から有馬逆川線を登って行くとまたまたフィッシングセンター
のところで落石対策工事で車両通行止めになっていました。
ちなみにさいたま森林管理道の情報によると来年4月末日まで
通航止めだそうです。 (泣)


IMG_1799.JPG

それではこちらの林道から迂回して行くことに。
ガレ林道を登っていくもバイア君のご機嫌が悪くなってきました。
エンジンがボコついて回ってくれません。

IMG_1800.JPG

IMG_1803.JPG

切通しの苔むした山肌とバイア君がお似合いかな?
標高が上がるつれてますます愚図るエンジン。
この先は重機が山肌を掘削中で完全通行止めでしたので
引き返しました。
有馬湖まで降りてプラグ焼けを確認すると、案の定燃調が濃い状態でした。
3か月前は問題なかったキャブでしたが、また再セッティングですね。

しかしこちら方面のお山が通行止めだらけになっています。
これからの紅葉のベストシーズンに、この界隈の雄大な山並みが楽しめ
なくなりそうで残念です。




posted by バブ at 19:40| 東京 ☀| Comment(6) | バイアルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月03日

セロー君でぶらっと南アルプス、八ヶ岳周辺林道へ



昨日の9/30、10/1 に一泊行程でいつものとうさんと
初秋のお山へぶらっとしてきました。

とうさんと落ち合って道志みちから、道の駅富士吉田まで
一気に西進し、道の駅富士吉田で休憩&少し早い昼食。

IMG_1714.JPG

その後、富士パノラマラインで紅葉台へダートの
山道を登りつめると、トレイルランの方々に遭遇。
そのため隣の三湖台へ

IMG_1705.JPG

標高1202mから見下ろす西湖

IMG_1709.JPG

足元に青木ヶ原の樹海が広がり、左手奥に
本栖湖、精進湖はたぶん・・・・はてどこかな?

IMG_1717.JPG

西進して富士川へ、そこから櫛形山方面に向かって
到着したのが林道北山線。九十九折れを登って行くと

IMG_1720.JPG

視界が開けてススキと富士の秋景色。
こちら側から望む富士山の遠景はまた違った趣です。

次に向かうは林道丸山線。

IMG_1730.JPG

こちらもコスモスと富士と、むさいおやじの秋景色。

IMG_1736.JPG

峠を越えて視界が開け、姿を現したのが南アルプスの
3000m級の山々。まさに屏風のようにそびえ立って
いるようです。

IMG_1735.JPG

奈良田湖まで残り5キロほどの地点で、崖にショベルカー
が宙吊りになってその下は道路が崩壊しています。
そして林道は完全通行止めになっていました。

しかたなく20qの道のりを戻ります。

IMG_1738.JPG


途中の林道足馴峠線にも踏み入って見ましたが、掘削中
で通行止め、途中で接続している林道櫛形山線も橋梁工事
で通行止め。

IMG_1745.JPG

日も傾き始めたので、残念ながら今夜の宿泊地、石和温泉
に向かう事にしました。

開けて二日目は石和温泉から八ヶ岳のメルヘン街道を登り
麦草峠の白駒池に向かいます。
早朝7時にお宿を出発するも気温が12度ほど。
それなりの対策をしてきたのですが、真冬の防寒対策が必要
でした。 寒ーーーい!

IMG_1747.JPG

途中の日当たりのよい地点で休憩をかねて日向ぼっこ。
そして麦草峠を登って行くものの、白駒池の手前から駐車場
の空き待ちの車が路肩に停まり渋滞しています。
さっさとあきらめ下山、その途中の林道に侵入して行きます。


IMG_1751.JPG 

IMG_1756.JPG

標高の高い林道は埼玉の林道と違い、とても明るく開放的
です。
空の青さと白樺、色づきはじめた木々がとても癒されます。

IMG_1765.JPG

やがて本沢温泉入口へ
この温泉は日本最高所野天風呂で標高2150mの沢に湧き出て
いる温泉だそうです。左に少し見える駐車場はすでに満車で
ここからは登山装備で2時間半かけて登って行くそうです。

遠慮してさらに先へ進行していくと、待望の八ヶ岳林道に辿り着きました。

IMG_1767.JPG

良く整備された明るい林道を行くとうさん。


IMG_1770.JPG

IMG_1772.JPG


熊笹に覆われた路肩が突然開けた地点で小休憩。


IMG_1776.JPG

IMG_1778.JPG

岩の割れ目から流れ落ちる清水。そこに綺麗なコケ
が密集しています。
路面の下を抜けた清水が下方に、清流と倒木等のコケが
綺麗です。

IMG_1782.JPG

良く整備されたフラットな路面を下って行くと。


1111.bmp

今下って来た八ヶ岳を一望できる八ヶ岳牧場脇へ!
雄大な景観に圧倒されながらしばし見入ってしまいました。

実は昨年からこのツーリングを計画していたのですが、天候不順
で果たせず。
今回は天候に恵まれ、リベンジを果たすことができ満足、満足。

そして時刻は昼時、人馬に給油して一路帰路に着こうとした時。
とうさんのXL君の充電系統が不調に。
灯火系ダメなのでとうさんは高速を使い明るいうちに帰路する
ことに。
(その後大きなトラブルに。詳しくはご本人のブログで!)

一人残された私は30年選手のカモシカ君に跨り、トラブルもなく
快調に下道を5時間かけて帰路につきました。

標高の高い地ではパワー不足も感じられますが、旧車ながら頼もしい
相棒です。
しかし乗り手のパワーダウンが著しくなったようで(泣)

2日間の走行距離 560q 
平均燃費31.2q/L 帰路の舗装オンリーでは36q/Lを記録!!

posted by バブ at 07:58| 東京 ☀| Comment(4) | セロー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

CBX125カスタム タンク・メーター加工

IMG_1696.JPG

cbx125カスタム君がほぼ弄るところもなくなり完成に近づいてきました。
赤いタンクとおソロで赤いリアショックに変更。

エイプタンクの傾き角度をシートとサイドカバーの傾きに合わせる
ように再調整。

IMG_1692.JPG

フレームにロングボルトを貫通させて

IMG_1690.JPG

タンク前部のゴムストッパー位置をここまで上げ、さらに少し前へ
移動。元のスットパーにタンクの底部が乗るためクッションのゴム板
を取り付け。

IMG_1691.JPG

タンク後部も底上げのためステーを作成し固定。
旧レブルのシートを少しでもタンクに寄せるため裏面の
ストッパーを加工。

IMG_1693.JPG

タンクを載せてシートをセット。少し隙間が大きいです。(泣)
こうすけさん、現物合わせで加工しているので細かい寸法など
取っていませんが、参考になりましたか?
エイプタンクの容量が5.5Lと少ないので、それがネックになりますが。

IMG_1695.JPG

ノーマルのタンクからぐっと細身のタンクになりスッキリ。

IMG_1694.JPG

タンクが細くなった分、ノーマルのメーター回りが重たい感じ
なので○型メーターを2連にならべすっきりと。

IMG_1697.JPG

リアキャリアを他車種のものを加工して取り付けようかと
思案中です。
posted by バブ at 17:21| 東京 ☀| Comment(11) | CBX125C | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

秋色を探しに埼玉のお山へ 秋色を探しに埼玉のお山へ


日中の気温も下がり、バイク乗りにはいい季節になりましたね〜。
でっ、平日の15日にCBX君で丁度良い気候の中ぶらっとお山へ
行ってきました。

IMG_1624.JPG

IMG_1629.JPG

最初に訪れたのが、曼珠沙華で有名な巾着田です。
裏側からこっそりと侵入すると、川岸にびっしりと花茎がのび、
秋色に染まり始めていました。

正面入口の県道は、すでに車が大渋滞していましたので、先を急ぐ
ことにしました。

県道30号線を北上し、お目当ての小川町のうどん「あそび」屋さんへ

IMG_1633.JPG

開店前に到着したため、近くの兜川の川岸で小休憩。
ここは曼珠沙華が咲き誇っていて秋色に染まっていました。

CBX君のプラグ焼けやチェーン張りなどを少々点検して時間を潰すことに。
当初のアメリカンポジションでは腰に負担がかかり持病の腰痛が再発しかねない
ため、あれやこれや変更した結果、普通の街乗りバイクのライポジになって
しまいました。(笑)

そして頃合いを見て「あそび屋」さんへ

IMG_1638.JPG

しばし待たされて運ばれてきた肉汁うどん。
麺が極太で汁には豚肉、油揚げ、長ネギがたっぷり。
弱った歯口(笑)に手強い、もっちりとしたうどんに少々固めのお肉。
完食するのに時間がかかったものの美味しくいただきました。 

ご馳走様でした。

そして予定の皆野寄居有料道路に向かっていくことに。
この有料道路料金が原付が40円(径二輪300円)と大変お得なためバビューンと
怪走する予定です。

ところがなぜか、ナビが有料道路を避けて次の目的地の中間平緑地公園への山道
へ誘います。
舗装のクネクネ山道はCBX君の初試走ということにして、そのまま登りつめていくと。

IMG_1642.JPG

IMG_1644.JPG

IMG_1646.JPG

IMG_1651.JPG

展望台下の駐車場を独り占めして展望台へ。
遠く筑波山から埼玉新都心まで見渡せてなかなかのビューポイントです。

IMG_1656.JPG

IMG_1657.JPG

すこし先の中間平展望台では車を停めてカメラを構えている方達が。
鷹が飛び交う姿を狙っているようです。
そして

IMG_1663.JPG

CBX君には似つかわしくない舗装の山道をくねくねと登って久しぶりの
釜伏峠に到着。
フロントスプロケを標準の15Tから14Tに変更しているためなかなかの
走りっぷりで登ってこれました(笑)

IMG_1673.JPG

峠を下る途中の細道で収穫。秋ですね〜。
次に向かうのは美の山公園!

IMG_1674.JPG

IMG_1675.JPG

ビューンと走って到着。お山の頂上が広場になっていて四方が見渡せます。

IMG_1677.JPG

IMG_1678.JPG

秩父方面の武甲山や和名倉山が見渡せます。そして反対側では

IMG_1685.JPG

IMG_1686.JPG

赤城山や秩父高原牧場が望めました。先ほどの中間展望台と美の山展望台
どちらもお勧めですよ〜。マロンさん原チャツーでいかがでしょう!

今回は天候に恵まれ清々しい山並みが望め、気持ちの良いツーリングとなりました。

流石にガレ林道は無理ですが舗装のワイディングロードならCBX君は頼もしい
相棒になりそうです。
7000回転から上が美味しくて、ついついエンジンを引っ張ってしまいがちで燃費は
34q/L程でした。

パイン山さんのFはどれくらいいきますか?

走行距離約200q


posted by バブ at 16:04| 東京 ☔| Comment(12) | CBX125C | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月05日

ぶらっと秩父そばと林道秩父中央線へ

気持ちの良い晴天のもと、秩父のお山へいつものとうさんと
ぶらっとしてきました。

有馬峠を超えて秩父のお蕎麦と林道秩父中央線の探索が
目的でした。
まずは、いつもの足慣らしの都道へ分け入ったのですが、
あまりの藪藪で道筋がわからず、左に流れている小川側に
前輪がずり落ち脱輪。

ちょっと冷や汗ものでした。

その先はとうさんが別ルートを案内してくれるという
ことで先行してもらい、後追いしていると。

 くっ、くさい、  何やら焦げ臭い、  ゴムが焼けるような。

えっ、MYカモシカ君がトラブルか?

IMG_1567.JPG

原因はとうさんのXL君でした。
新しく履き替えたRブロックタイヤがスイングアームに擦れ
てタイヤが削れていました。(笑)

IMG_1570.JPG

ここはまだまだ道筋が見えて走りやすい方です。(笑)

IMG_1571.JPG

その先は危うい路面。
そして峠を越えた先には

IMG_1577.JPG

この方角からの武甲山は、元の姿からの
変貌ぶりが想像できます。

早目のお昼を「道の駅あらかわ」に隣接して
いる「あずまや園」さんへ。
美味しいお蕎麦をいただき、そしてお山へ


IMG_1588.JPG

途中で見かけた古ーい「警笛鳴らせ」の道路標識
しかしその先は直線で見通しがいいのですが(笑)

IMG_1587.JPG

やって来ました「森林管理道秩父中央線」起点

IMG_1591.JPG

爽やかなフラットダートをくさい?とうさんが侵入して行きます。

IMG_1593.JPG 

IMG_1595.JPG

途中のヌタ場でよろこぶとうさん。
この先の滝をみて
「あれっ、ここはつい先日ランモモさん達と走った林道だ」
って、2週間前の出来事を今頃気付いたとうさんでした。(笑)

そして帰路は有馬峠越えルートで進行していくと
峠までは行けるがその先は通行止めの標識。
前日に埼玉の森林管理道通行止め情報で解除されている
のを確認しているのですがね〜。
峠まで行き最悪引き返すことも覚悟しながら登って行きます。


IMG_1604.JPG 

IMG_1605.JPG

峠近くのガレ林道をちょっと立ち寄ると、手前で新たな崩落
現場。
わずかに突破できるルートがありましたが、その間にも小石が!
徒歩で向う側へ逝ったものの、頭上が今にも崩壊しそうなため
退却です。

そして峠を越えその少し先へ。
危惧された通行止めも落石防止ネット設置現場も休工だった
のか無事に通過できました。

久々の晴天のもと、お山を楽しめリフレッシュできました。
次回はどちらへ行きましょうか?

走行距離220q 燃費31q/L



posted by バブ at 08:46| 東京 ☁| Comment(4) | セロー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする