2018年11月18日

大菩薩嶺周辺をぶらっと探索ツー

この週末の天気予報が目まぐるしく変わり、一時中止かと
思わされたのですが、金曜日の夕方の天気予報では土曜日
は晴天で気温も高めだと。

それではといつのもとうさんを誘って土曜日に奥多摩から
大菩薩嶺に向かいました。

IMG_3134.JPG


バビューンと一気に国道411号線を西進し、柳沢峠に到着。
富士山が綺麗に姿を表し最高のツーリング日和です。


IMG_3163.JPG


峠を下り裂石地区から大菩薩嶺向かい、上日川峠の
ロッジ長兵衛に到着。
多くの車とハイカーで賑わっています。

IMG_3164.JPG


その脇から大菩薩嶺に向かう道が続いています。
「車は駐車場がないためご遠慮ください」の標識がありますが、バイクは?
交通整理している地元のおじさんに確認したところ「バイクなら行けるよ〜」
との返事でした。(嬉々)


IMG_3137.JPG



道は舗装され、気持ちの良い初冬の明るい山道を登って行きます。
左手の登山道は多くのハイカーが歩いていきます。

IMG_3140.JPG

福ちゃん荘に到着
標高1720ⅿですが日差しが暖かく感じられるほどの好天です。

IMG_3143.JPG


IMG_3144.JPG


さらにこの先の山荘まで行けそうですが、ハイカーが多いため
ここは清く自粛しました。

IMG_3148.JPG

大菩薩嶺は草原?のような尾根が続く地帯で初心者にも
おすすめの登山コースだそうです。
しかし高齢者には?     ムリ、ムリ!


IMG_3152.JPG

その先のまわりこんだ林道に進行していくと。
遠くは南アルプスの嶺、眼下に氷川ダムの湖面が見渡せます。

IMG_3160.JPG


IMG_3157.JPG


熊笹と白樺林の中を突き進めば大菩薩峠でしょうか?


IMG_3166.JPG

下って日川ダムの湖面に日差しキラキラ、その先に富士山が望める
ベンチでお昼休憩とします。

IMG_3171.JPG


とうさんが座るベンチの背に手形がクッキリと!

IMG_3176.JPG




日川ダムからの大菩薩嶺。

IMG_3183.JPG


IMG_3185.JPG


最後の仕上げとしてお約束のこんなところへ。
ガレ林道を軽快に登って終点まで楽しんだのですが。

下りのガレ坂をフロントタイヤを滑らせさせ転倒。
しかも二度も。

とうさん曰く、「やはりバブさんには新車は合わないよ」と
のたまうのです。

セローのフロントディスクブレーキが効き過ぎか?
確かにドラムブレーキの感触が体に染みついていますけどね。
はたまた、いよいよ目もかすみ路面状況がつかめなくなってきたのか!(悲)

と、意気消沈して帰路につきました。

走行距離265q 燃費40q/L

posted by バブ at 20:37| 東京 ☁| Comment(3) | トレッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月15日

夏から放置状態のCBX君で愛川町にお買い物

セロー君やTL君ばかりかまっているためCBX君が一番奥に追いやられて
埃まみれになっています。

前回は何時乗ったのか調べたところ、2か月半も前の富士山周遊ツーでした。
CBX君の機嫌を損ねないように埃を払ってセルをプッシュ。
しかし空しくクランキングするだけ。
なんとかなだめすかして、やーっとお目覚めしてくれました。(嬉)

ということで今日は、先日相模原ミーでソフトクリームを食べに行った
愛甲郡愛川町の卵菓屋さんへ。
お土産で買って帰った卵が美味しくて再び買い物に向かいました。

IMG_3124.JPG

気持ちの良い秋晴れの中、お昼前に到着。

IMG_3122.JPG

IMG_3123.JPG

親子丼とたまごソフトクリームをいただきました。
親子丼にゆで卵がひとつサービスだそうです。

そして頼まれていた赤玉卵にたまごプリン、そしてシイタケを
買い付けて任務完了です。(笑)

IMG_3128.JPG


IMG_3131.JPG

CBX君もすっかり機嫌が戻り、メデタシです。
次回は・・・・・。

来春かな〜(汗)
posted by バブ at 20:15| 東京 ☀| Comment(2) | トレッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月11日

相模川清流の里TLミーティング


11日の今日、1年ぶりにTL愉快な仲間のミーティングを開催しました。

IMG_3117.JPG


今回お集まりいただいたのは、お久しぶりの方から春の伊東ミーティングで
お会いした方、また初参加の方 などなど総勢15名でした。

あーでもない、こーでもないとダべリングが始まる中、電装を12V化した私の
イーハ君が、会場に到着する直前ですべての灯火類がダメになってしまうトラブルに。
応急手当をほどこし復旧したと思われたのですが、結局完治しませんでした。

IMG_3115.JPG

そして、みんせいさんが、お持ち下さったバイクパーツ類のお宝争奪戦の様子。

私はヘルメットのテリオス、コンパクト空気入れ、他をゲット
みんせいさん、ありがとうございました。大事に使わせていただきます。


IMG_3118.JPG

やがてお昼になり敷地内の清流の里レストラン清流に移動。
お腹を空かしてお預け中の様子。

IMG_3120.JPG


そしてその駐車場でハマさんのスペシャルなTL拝見。

食後に解散となりましたが、オプショナルコースとして
8名の方で移動。
たまごソフトクリームや中津川の河原でまったりと談笑
した一日でした。

皆さま、お疲れ様でした。
楽しい一日をありがとうございました。
またお会いしましょう。

posted by バブ at 19:41| 東京 ☁| Comment(4) | トレッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月03日

稲含山、御荷鉾林道紅葉ツーリング


お山の紅葉もピークを迎え高所ではそろそろ落葉の時期
となりました。
私が週末は都合つかないため平日に群馬県の奥地に
紅葉ツーリングを計画。
そしてご参加いただいたのが、

IMG_3066.JPG

久しぶりのスコさん、顔を隠しているいつものとうさん、
ランモモさん、Iさん、私の5名。

いきなり下仁田の山中に道を間違え小休憩中のスナップです。

IMG_3073.JPG

立沢川ダムから続く滝の沢林道入口。
晴天の青空に向かって魅惑のダート林道が続いていきます。

IMG_3078.JPG

Iさんのパリダカと愛機の2ショット。
眼下に安中市、奥に高崎、前橋の街並みが望めます。

IMG_3079.JPG

IMG_3080.JPG

ところが道をそれてしまったのか廃道チックの様相。
タイヤエア圧を下げてさらに進行、無事に完抜けできました。

次に稲含山へ向かう途中、楽しみにしていた秋畑集落の
茶店の五平餅でしたが、残念ながらお店は閉まっていました。


IMG_3084.JPG

ランモモさんの2018年型セローと私2017年型のツーショット。
ライトブルーを主体とした新鮮なカラーデザイン。リヤ周りの
フェンダー、テールライトが変更されさらにスタイリッシュに!
スロットルの開けはじめから、力強く車体を押し出すトルク
感がたのもしい新型でした。

IMG_3091.JPG


林道稲含高倉線を登って行くと峠の先に雄大な展望が開けた絶景。
右から浅間山、妙義山、荒船山、左奥に八ヶ岳だと思います。
多分?

一旦お山を下りてお昼に
道の駅オアシスなんもくでメンチカツ丼を注文するもなかなか
運ばれてきません。その後ある出来事ですっかり時間が押して
しまいました。
急ぎ、御荷鉾スーパー林道の西側地点に向かいます。


IMG_3097.JPG

大仁田ダムからの奇岩と紅葉。

IMG_3099.JPG

御荷鉾スーパー林道西側起点から紅葉のフラット林道を軽快
に行くスコさん。

IMG_3108.JPG

色づいた山並みが美しく、はるか先まで見通せます。

IMG_3111.JPG

IMG_3114.JPG

すっかり日が傾いたスーパー林道の管理棟脇の東屋で小休憩。
それぞれ防寒対策して一気に帰路につきました。

ご参加の皆様、お疲れ様でした。
朝夕は寒いものの晴天の青空の下で紅葉が楽しめたツーリング
でしたね。

そうそう、お山に入るまえに通過した甘楽町。
石畳の道と道路中央に流れる用水、そして木造の建物がとても
気になったのですが、一向はお山に向けて目もくれずにまっしぐら!
後で調べると織田家由緒ある城下町だそうです。
近日中に観光ツーリングに行きたいな〜。

全行程距離340q 燃費35q/L

またご一緒しましょう。




posted by バブ at 08:21| 東京 ☀| Comment(10) | トレッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月22日

セロー初乗り田貫湖周辺に爽やかツー

IMG_3037.JPG


雲ひとつない快晴の秋晴れの中、富士山をぐるっと拝みながらの爽やかツーリングに
行ってきました。
参加者はお久しぶりのロスマンズコロッケさん、パリダカのIさん、いつものとうさん、
私の4台編隊です。


IMG_3038.JPG


そして私の愛機は2017年式セロー君
今迄乗り継いできたセローは初代セロー、TYスコティッシュ風2代目、
そして3代目のこれ。
じつはある方から(ナイショ 笑)「お譲りしましょうか」との
思ってもないお申し出を頂き、即決した次第です。超嬉れしい!

とうさんに「バブさんには最新型は似合わない」と言われながらも
ルンルン♪で快走してきました。

IMG_3043.JPG


IMG_3042.JPG


田貫湖手前の富士山撮影スポットにて。

IMG_3044.JPG


林道?作業道?入口にて。
「嫌だなー」泥んこになってしまいそうで、帰ろうかな〜。
なーんてウソです。

IMG_3046.JPG


IMG_3049.JPG

ガレた道を登りつめていくと、見事な倒木でアウト。

IMG_3050.JPG


さらに他の支線に侵入してちょっとした広場でプチ休憩。
富士山が絶景ですね〜。

IMG_3053.JPG

ここでイベント発生、ガレ、急坂でもがく面々。

IMG_3056.JPG

IMG_3054.JPG

IMG_3057.JPG


多分、ハンググライダーの滑空場だと思いますが、現在は使用されていない
ような?
コロッケさんが滑空中(笑)

IMG_3063.JPG


遅い昼食をとうさんお勧めの定食屋さんで。
お店の前からも雄大な富士山が一望できます。

今日は終始富士山が望め、最高のツーリング日和となりました。
やはり富士山は日本一のお山ですね〜。

お疲れ様でした。
素晴らしい秋晴れの中、爽やかツーリング?が楽しめました。
またご一緒しましょう。


全行程 たぶん380q、燃費は40q/L以上かな?

posted by バブ at 07:56| 東京 ☀| Comment(14) | ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月18日

寒くて暑い御岳山林道、御荷鉾林道ツーリング



16日の平日に集まった不良親父4名で早朝から秩父方面に
ツーリングに行ってきました。

IMG_3010.JPG


発起人は先月、名栗でお会いしたパリダカ乗りのIさん。
両手を上げて元気一杯です。
そしてお久しぶりのランモモさん、いつものとうさんの4名


IMG_3011.JPG

林道御岳山線終点地点。通行止めの看板が出ていましたが、
行けるところまで!
ところが台風の影響でしょうか、意外と道はガレていて。


IMG_3012.JPG

IMG_3013.JPG

IMG_3014.JPG

とうさんのTL23号の高価なリヤボックスがコロンコロンと
転がり落ちました。

Iさんと、ゴムひもでくくりつけて、完成です。(笑)


IMG_3015.JPG

IMG_3017.JPG

トンネルを抜けた先のビュースポット。
今年はスカットした秋晴れがなかなか望めませんね〜。
その先のススキ道は健在でした。

IMG_3019.JPG

御岳山線2号の分岐のトンネルから少し行った起点側までもうすこし
の地点で。
見事な崩壊振りでアウト。
起点側から終点側に再び引き返すことに。

そしてこの先はみかぼ林道に向けてリエゾン走行。

みかぼ林道の管理棟脇の東屋で昼食会。
しかしこの地点が標高1300m。
寒い中、冷えたコンビニ弁当をひろげました。
Iさんがバーナー持参でお湯を沸かしてくれ、ホットコーヒーを
ご馳走してくれました。 
かじかむ指先を温めながら、ありがたや!

熱いコーヒーで体を温めながらバイク談義に花が咲きました。
時間も押してきたため先を急ぐことに。

IMG_3025.JPG


そしてランモモさんが以前に登って来た小道入口に到着。
パリダカでも問題なく行けるとのことで侵入することに。

IMG_3027.JPG

山土でチュルチュル、イノシシの穴でボコボコ、鋭利な石が散乱し、
前輪が取られやすく大汗を掻きながら下って行きます。

ランモモさーん、ちょっと話が・・・・・・。

後の祭りでした(笑)
パリダカは下車して押し体制で。

IMG_3029.JPG


路面崩落、かろうじて残っている踏み跡を

IMG_3031.JPG

IMG_3032.JPG

いくつもの倒木をくぐり抜けて。
失礼!疲労で手元が震えてピンボケです。

しかし倒木があろうと、路面がなかろうとも、兎に角前進しかありません。
下りてきた道を決して戻ることができないのですから〜。(滝汗)

IMG_3034.JPG


やっと民家脇の舗装路面にでました。
私も汗びっしょりになりながらムカデ走行で下りていきましたが、
細い倒木にフロントを取られてんとう虫。その際に肩を強打して
イッテー。(泣)



てなことで平日に行く爽やか林道痛ーを堪能してきましたとさ。
お疲れ様でした。またご一緒しましょう!





posted by バブ at 06:59| 東京 ☁| Comment(7) | トレッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月13日

相変わらずの曇天下、正装?にもどしたCBX君でぶらっと

IMG_2940.JPG


我がCBX君をまた元の姿に戻してあげてちょこっと名栗湖まで
行ってきました。

とはいってもシート後部の跳ね上がった形状とバックレストが
どうにも自分的には寸詰まりに見える要因と思い、シート後端を
カット、合わせてバックレストを撤去しました。
Rバッグで隠れてしまい、よくわからないと思いますか、適当
な仕上げのボロ隠しなので突っ込まないでください。


IMG_2942.JPG

フカフカシートに10L容量のガソリンタンクでロングツーリング
も楽々かな。
しかしメーターバイザー?がちっとも防風の効果がないため
これからはもっとでかいスクリーンを装着しようかなと思って
います。

それからハンドルも一文字に・・・・・・、

やっぱりやめときます。腰に悪そうで!(笑)
posted by バブ at 06:54| 東京 ☀| Comment(4) | CBX125C | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月10日

秋晴れの奥多摩ツーリングのはずが


この3連休は「月曜日の8日は最高の秋晴れになりお出かけ日和ですよ」
とお天気お姉さんが進めてくれてたので、いつものとうさんとイーハトーブ
2台で行ってきました奥多摩の林道へ。

ところが青梅市からしとしと雨、お山は薄暗い雲に覆われたまま。
寒さも増してたまらずカッパを着込んで先を急ぐと。

IMG_2944.JPG

IMG_2945.JPG

小河内ダムからの放水が迫力満点。
渓谷も水しぶきで煙っているほどでした。

IMG_2947.JPG

ダム上の景色も水墨画のようです。

IMG_2950.JPG

奥多摩街道の柳沢峠手前の林道笠取線入口に到着。
完璧なゲートで行く手を遮っていました。
実はこの先にある、あの有名な米軍払下げの廃トラックを探索
するつもりでしたが。 無念。

IMG_2952.JPG

次に林道大ダル線の起点入口に。
ところがこちらも完璧なゲートと金網バリアーが設置されて。
・・・・・・・・。断念(悲)

ならばと一之瀬高原からの侵入口を探索することに

IMG_2954.JPG

IMG_2955.JPG

一之瀬高原は数回訪れていますが、なにか不思議な地域です。
深山幽谷の風情、その奥に多摩川源流、点在する集落の民家は
すでに廃屋が目につきます。

IMG_2957.JPG

IMG_2959.JPG

IMG_2961.JPG

目星をつけていた登り口ですがこちらもシャットアウト。
周辺を徘徊するも、どれも最終的に山道の木道や木橋になり
見つけられませんでした。
我がイーハ君、昭和の良き時代の黄色いヘッドライトの灯り。
このようなロケーションにマッチしていいと思うのですが、近ごろは
帰路が暗くなってから山道を下ることが多くなり、心許ないかな〜。

IMG_2965.JPG

犬切り峠もこのような状態でした。

IMG_2968.JPG

林道一ノ瀬線舗装林道を下って一之瀬集落へ向かいます。

IMG_2972.JPG

途中の大栗展望台より。
雨が上がりうっすらと晴れ間も見え始めた眺望。
遠くに一之瀬集落が望めます。

IMG_2978.JPG

人気の無い集落を通り抜け。

IMG_2984.JPG

色づき始めた急峻な山肌に細道が続き、その先の国道411号に
合流します。

その後、林道後山線へ向かいましたが、ここも強固なゲートで
通行止めになっていました。

奥多摩地域は一部を除きほとんど通行止め規制され残念です。

IMG_2993.JPG

IMG_2999.JPG

最後はTLの特権でちょっとダート林道を楽しんできましたが、
一日中小雨模様で肌寒く、とてもお天気お姉さんがお勧めする
秋晴れには恵まれず、深山幽谷のお山を徘徊した一日でした。

そしてお山を下りて定番のコンビニで休憩。
いつもはアイスなのですが、今日は寒いのでごまあんまんを
頬張りながらとうさんからイーハ君の電装12V化を教わりました。

フムフムとその場は分かったつもりですが、昨夜のおかずも忘れて
しまうこの頃、果たしてどうなる事やら。(笑)

走行距離250q 燃費31q/L




posted by バブ at 00:31| 東京 ☁| Comment(6) | トレッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月28日

イーハトーブ君で秋色のお山をぶらっと

この週末はまた台風の影響で雨模様。しかし今日28日は快晴の予報です。

それではと秋色のお山をぶらっと探索に行ってきました。

IMG_2921.JPG

やって来たのはさいたま県の宮沢湖堰堤下の長閑な里山地域。
コスモスの桃、白の花が秋の日差しのもと綺麗に咲き誇っていました。

そして宮沢湖の奥の細道を進みゴルフ場のネット下を潜って行きましたが、
残念ながら人為的に置かれた太い倒木が行く手を阻んでいました。

県道30号線にもどり高麗川に沿って里山を行くと。

IMG_2923.JPG

IMG_2924.JPG

立派な毬栗が鈴なりで足元に大きな栗が。
一つだけ拾いあげてパチリ。

IMG_2927.JPG

実るほど頭を垂れる稲穂と彼岸花。

IMG_2932.JPG

真っ青な秋空に高麗川の川面が秋光に照らされて。

IMG_2935.JPG

IMG_2936.JPG

高麗川の川岸に降りて小休止。
魚道で獲物を待ち受ける白鷺。
昨日までの雨で水かさも増しているようです。

IMG_2938.JPG

田波目城跡に続く毬栗小道を進んでいくと何やら迷路ような小道が
続いています。

IMG_2939.JPG

あちらこちら彷徨って先ほどの高麗川方面に下って行くと
思われる細道に侵入。
・・・・・が!
これが大きな間違いでして。

後方の山土のチュルチュル細道で人馬ともに泥んこ遊びに
小一時間興じてしまいました。(笑)

久しぶりの押しで肩が痛いよ〜!(泣)



posted by バブ at 19:41| 東京 ☀| Comment(6) | トレッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月24日

群馬、長野のお山へ日帰り420qロングツーリング

23日、3連休の中日に下道で軽井沢、嬬恋、高嶺高原、佐久市を通過して
20q程の東山林道を楽しんできました。

渋滞を避けるため早めの5時に出発、川越の先のコンビニにTL23号でいつもの
とうさんが現れました。これから渋滞の高速を避け下道を進んで行きます。

IMG_2878.JPG


ひたすら下道を走り続けて、たどり着いたのは二度上峠。
北軽井沢を見下ろし正面には雄大な浅間山が。
のはずでしたが残念ながら雲に覆われていました。
この峠はその昔、私がラリー競技中ランサーであわや谷底への怖い思いをした
ダートルートでした。
もちろん今ではすっかり舗装され、ヒラヒラワイディングが楽しめる爽やかルートです。

IMG_2889.JPG

北軽井沢の渋滞を抜け、少し迷いながらもやっと嬬恋パノラマライン南ルートに到着。


IMG_2886.JPG


IMG_2884.JPG


嬬恋のキャベツ畑越に広がる毛無峠、万座山。山肌が見えているのは白根山。
実に雄大なパノラマが開けます。
振り返れば浅間山なのですが、残念ながら雲に覆われたままでした。

IMG_2895.JPG


IMG_2896.JPG

フラットダートの村道鳥居峠車坂線を登って行くと白樺林が爽やかに
迎えてくれました。

IMG_2903.JPG

登りつめたところが高峰高原、雲に覆われていますが、雄大な八ヶ岳方面が望めます。

IMG_2904.JPG

そこから湯の丸高峰林道へ。
湯の丸高原、地蔵峠から小諸方面にお山を下って行き、国道18号線沿いで昼食を取り
一息つくことに。

これから小諸市から佐久市へ向かいます。

IMG_2908.JPG


途中の254号線のコスモス街道でパチリ。

IMG_2911.JPG

とうさんもしゃがみ込んで愛機をパチリ。

そして本日のロングツーリングの仕上げに東山林道に進行して行きます。

IMG_2914.JPG

正安寺の脇を通過、墓地を右手に見ながら進行して行くと。
尾根道フラット林道が楽しめます。

支線も多く時間があれば探索してみたいところです。


IMG_2917.JPG

途中で山側の支線を覗いてみると、恐らく支線林道?なのですが
ガレガレの沢のような状態。
四駆のタイヤ痕が続いていましたが、我々はあえなく撤収しました。(笑)

IMG_2918.JPG


県道93号線に到着して終了です。
20q弱のロングダートが何の制限もなく楽しめる貴重な林道でした。

日が傾き時刻は17時近く、ここから自宅まで160q程。
高速は渋滞しているため同じくひたすら下道で帰路につくことにしました。


とうさんお疲れ様でした。

走行距離420q 自宅を5時出発、帰宅が21時半。
イヤー流石に疲れましたね〜。
お尻痛もマックス。

しばらくは静養することにしましょう。




posted by バブ at 17:26| 東京 ☀| Comment(6) | トレッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする